×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆☆◆◆☆☆☆◆◆☆☆
あと幾らまで借りても大丈夫か目安を知る
☆☆◆◆☆☆☆◆◆☆☆
目的別キャッシング比較
キャッシングに関する様々な情報をお届けします。

コラム

一般の会社は、会社運営の資金として、その一部を銀行などから借り入れていることが多いものです。資金がなくては会社を運営していけませんから、そのこと自体は何の問題もありません。ただし、必要以上に借り入れが多くなると、返済不能となり、最悪の場合倒産ということも考えられます。

そこで会社の財務状況などを判断する経営分析の一つに「借入金月商倍率」というものがあります。これは借りすぎや貸しすぎをチェックするための指標ですが、これは会社だけではなく、個人にも目安として使える便利なものです。

まず以下の計算をします。

借入金÷年収を12で割ったもの(企業の場合は月当たりの売上高となります)

この数値が1.5倍程度なら安全性が高く返済も余裕があります。3倍程度になると注意が必要となってきます。さらに、この数値が6倍以上になると危険水準になり、返済不可能になる可能性が大きくなると言われています。

例えば、年収360万円で借入れ総額が90万円の人の場合を計算してみましょう。
90万円÷(360÷12)=3(倍)
となり、注意が必要となるレベルです。このあたりを超えると危険になってきますので、これ以上の借入れはしないほうがいいと判断できます。

企業の場合は月あたりの売り上げで、個人の場合は月あたりの収入で計算したわけですが、企業の売り上げは、ここから人件費などの経費が差し引かれて利益となるので、個人の収入とは少し違ってきますが、一つの目安としては非常に便利なものですから、一度ご自分の状況を試してみてください。

>>「キャッシングコラム」TOPへ


目的別キャッシング比較
人気キャッシングから選ぶ
金利を比較して選ぶ
審査と融資のスピードで選ぶ
他社利用が数件あっても利用しやすい
おまとめ(一本化)の最適度で選ぶ
主婦・学生・フリーターでも利用しやすい
一覧から選ぶ→消費者金融一覧
とりあえず全部並べて比べたい人はココで。


かしこく比較!キャッシング
2006 All rights reserved