×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆☆◆◆☆☆☆◆◆☆☆
上限金利の引き下げに期待
☆☆◆◆☆☆☆◆◆☆☆
目的別キャッシング比較
キャッシングに関する様々な情報をお届けします。

コラム

貸付金利を規制する法律には利息制限法と出資法があります。利息制限法では貸付残高によって15〜20%が上限とされていますが、出資法では29.2%とされており、両者の中間の金利帯はグレーゾーンと呼ばれています。

これまで多くの消費者金融は、このグレーゾーンの金利での貸付を行ってきましたが、これを見直す議論がこのところ行われています。個人破産の急増やその背景にある多重債務者の増加に着目して、29.2%という水準がそもそも金利として妥当なのかという議論です。

一方、最近ヤミ金融による被害が増加しているのは、過去に上限金利が引き下げられたことによって30%台の金利に相当する比較的高リスクの借り手が市場から締め出され、ヤミ金に手を出さざるを得なくなったためという主張もなされています。

ちなみに、出資法の上限金利はこれまでも段階的に引き下げられてきました。00年までの上限金利は40.004%でした。おそらく、この流れは変わらず現在実質的に上限とされている29.2%というのは引き下げられることになるはずです。

利用者にとっては、これまでより低い金利でキャッシングできるようになるので早い実現が待たれます。

>>「キャッシングコラム」TOPへ


目的別キャッシング比較
人気キャッシングから選ぶ
金利を比較して選ぶ
審査と融資のスピードで選ぶ
他社利用が数件あっても利用しやすい
おまとめ(一本化)の最適度で選ぶ
主婦・学生・フリーターでも利用しやすい
一覧から選ぶ→消費者金融一覧
とりあえず全部並べて比べたい人はココで。


かしこく比較!キャッシング
2006 All rights reserved